次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

27年ぶりに現れた立山連峰「ムーラン」はタイムトラベルの様なロマンと夢を秘めた氷の世界!

日本

27年ぶりに現れた立山連峰「ムーラン」はタイムトラベルの様なロマンと夢を秘めた氷の世界!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

27年ぶりに立山にムーランが現れました。調査隊が中へ入りましたが、直径2m位で
一人がやっと入れるくらいです。深さ20mで底に着き、底の氷をとって持ち帰り、分析しています。氷には1700年くらい前の空気が入っているらしく、27年前には調査隊が氷の穴に入って、その時氷の塊を持ち帰って分析しているので、その氷と比較するのですが、氷の分析には半年くらいかかるらしく、結果が出るのは来年の3月とのこと。次にムーランが現れるのは10年先か20年先かわからない。日本の氷河期を研究するのには大事な資料です。

ムーランの氷の塊

ムーランの氷の塊

日本で初めて「氷河」の存在が確認された富山県北アルプス立山連峰。その氷河には、神秘の穴“ムーラン”がある。フランス語で「風車」を意味し、雪解け水が氷河の中をらせん状に削りながら作られた縦穴だ。普段は深い雪に閉ざされているが、今年、暖冬の影響もあり、ついにムーランに潜入することに成功した。深い謎に包まれた日本で唯一の氷河、数年に1度しか現れることのない神秘の穴に入ることでその謎に迫る。

出典 http://www4.nhk.or.jp

立山の内蔵助(くらのすけ)カールにある氷河遺跡で、ムーランと呼ばれる縦穴の入り口が11年ぶりに姿を見せ、立山カルデラ砂防博物館の学芸員が氷河の調査に入りました。その様子を高画質の4Kカメラで取材しました。
立山の縦走路、富士の折立と真砂岳の東斜面に広がる、内蔵助カール。
先月の24日、立山カルデラ砂防博物館の学芸員がGPSやドローンなどの最新の測量技術を使い、5年前に埋め込んだ標識の移動調査を行いました。

出典 http://www.tulip-tv.co.jp

立山連峰ムーラン

冬の「立山連峰」眺望

冬の立山連峰

富山県の北アルプス立山連峰の雄山(おやま、標高3003メートル)で、確認されれば現存するものとしては国内初となる氷河の調査が進んでいる。これまでに雪渓の一つで国内最大級の氷の塊の「氷体」が見つかり、年間1メートル前後動いている可能性がある。8月末からは、全地球測位システム(GPS)を利用し、氷体が実際に移動しているかどうか探っている

出典 http://www.asahi.com

立山連峰「ムーラン」

出典 http://sepapa.jp

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。