Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

冬に発生する広島県三原市の名所「筆影山のけあらし」は幻想的で言葉も出ない程美しい!

日本

冬に発生する広島県三原市の名所「筆影山のけあらし」は幻想的で言葉も出ない程美しい!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

筆影山のけあらし位置図

筆影山のけあらし位置図

住所        広島県三原市須波町
問い合わせ先  【三原市観光課】0848-67-6014
        【三原観光協会】0848-63-1481
料金       無料
駐車場      有 (頂上付近)
アクセス     JR呉線須波駅徒歩約50分、
JR三原駅よりバスで7分「和田口」下車、徒歩60分
トイレ      有

瀬戸内海国立公園に指定されている標高311mの山です。
「けあらし」とは、
海面から立ちのぼる水蒸気が
冬の冷たい空気に触れて霧となる現象のことです。

「海霧」は、湿った温かい空気が、
冷たい海水の上で冷やされて霧が発生する。
夏でも発生しますが、
冬場に発生する「海霧」は
湿った空気が放射冷却で冷やされて霧が発生します。

広島県三原市にある筆影山は、標高311m。
瀬戸内海国立公園の中に位置します。
山頂までは車に乗ったままアクセス可能ということもあり、
広い世代の人々から親しまれている山です。
筆影山からは瀬戸内海随一とも呼び声の高い大小様々な島が織り成す景色を
一望することができます。
中でも冬になると「けあらし」を鑑賞することのできるスポットとして
非常に有名です。

筆影山から見たけあらしは時にはまるで雲のようにもくもくとしており、
自分がとてつもなく標高の高い山の頂にいるような錯覚をおぼえます。
白く繊細なけあらしの発生した瀬戸内海は、まるで水墨画の中の世界のよう。
幻想的なその光景に、
思わずうっとりと時が経つのを忘れてしまいそうです。
けあらしは、
外の気温が上昇してくるとたちまち跡形もなく消えてしまうため、
鑑賞するにはまだ空気が肌を刺すように冷たい早朝がおすすめ。
朝日と朝焼けで見事な黄金に色づくけあらしは、
言葉にできないほどの美しさです。

出典 http://wondertrip.jp

筆影山は、瀬戸内海国立公園に指定されている、標高311mの山です。
筆影山の山頂からは瀬戸内海を一望でき、随一の眺望を誇ります。
山麓から山頂までドライブウェイが続いており、
車で山頂の展望台まで行くことができます。
筆影山の山名は、江戸時代後期の儒者・詩人であった頼山陽が、
"海に映ると山の形が筆の様に見えた"ことが由来だといわれています。
この山並み一帯は、筆景山の西に連なる竜王山と並んで、
地元では畑山(はたのやま)と呼ばれて親しまれています。

出典 http://plus.tabiiro.jp

海霧は晩秋から冬にかけ見られる自然現象で、
よく晴れて冷え込んだ早朝に発生することが多く、
特にここ筆影山から見られる瀬戸内海の海霧はたいへん幻想的なんです。
海霧が発生する理由はいろいろあるようだが、
三原港に流れ込む沼田川の水と海水が混ざりあって
海に霧が発生すると言われている。

出典 http://4travel.jp

筆影山のけあらし山頂の展望台

筆影山のけあらし山頂の展望台

出典 http://www.jalan.net

展望台から見る景色(筆影山のけあらし)

展望台から見る景色

出典 http://media-cdn.tripadvisor.com

展望台から見る景色

出典 http://www.geocities.jp

展望台から見る景色

出典 http://pds.exblog.jp

筆影山の観光としては春が適しています

筆影山の観光としては春が適しています

出典 http://tabiiro.s3.amazonaws.com

三原銘菓のたこせん

三原銘菓のたこせん

出典 http://bluesky.jalux.com

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸